HOME>イチオシ情報>水回りなどをこまめにリフォームしておくこと

築年数が長いほど費用がかかる

建築

築年数がながければ長いほど、大型リフォームにかかる費用は高額になる傾向が見られます。例えば、10年から20年のうちに水回りなどをこまめに直しておくことで、ある程度築年数が経過した時に大型リフォームをしたとしても、費用を抑えることができると考えられています。リフォームをする場合には、どうしてもある程度年月が経ってから、さて大掛かりなリフォームをするか、ということで動き出す人のほうが多いです。しかし、全体的な費用を考えた場合には、10年から20年ごとにこまめにリフォームをしておいたほうが、結果的にお得になるということが、統計などで明らかになってきました。

建て替えよりは費用は安い

リフォーム

建て替えと大型リフォームにかかる予算を比較すると、結果的に大型リフォームのほうが費用が安くなるということは明らかです。建て替えになると、骨組みの工事から行わなければならなくなるため、1千万円以上の改築費用がかかってきます。しかし、いくら大型リフォームと言えども600万円前後で費用を抑制させることができるので、建て替えよりは安く済ませられます。検討をするときには、総額いくら掛かるかで判断することです。

マンションと戸建ての違い

男女

戸建てとマンションでは、大型リフォームの費用は100万円近くの差があります。その理由は、リフォームできる部分に制限があるかないかの違いが予算に現れるからです。特に、マンションの場合には、専用部分である室内工事に限定され、外観などやベランダなどの共有部分を勝手にリフォームすることはできません。その点、戸建ての場合には室内工事はもちろんのこと、外壁の塗装や屋根の工事など手広く行うことができるので費用が高くなります。

広告募集中